Monthly Archives: 4月 2012

by

男性のための結婚指輪

1 comment

Categories: メンズ

titan ring

マリッジリングとかブライダルリングの登場するシーンというのは、いつも主役は花嫁と決まっていました。なぜ、だれがいつ決めたのか、それはたぶんドラマのシーンでひとの印象に強く残されたのだと思います。プロポーズという大きなイベントの次に待っているのがウェディングだから。

先日アメリカでオバマさんが同性の結婚に前向きに言及されましたが、これまでの結婚のスタイルというのが今後大きく変わっていくのかもしれません。

韓国でも女性は旧姓のまま、夫婦別姓というのが伝統のようです。

日本での結婚式といえば、男性がエスコートするというのがあたりまえずぎて、誰も疑わなかった、だから結婚指輪も花嫁がイニシアチブを握ってきたのかもしれません。

http://www.titanbook.com/ 花婿のためにデザインされた結婚指輪というのがあります。とくにバイク好きの新郎に人気。

ウェディングドレスにブーケをどれにするかの主役はもちろん花嫁であっても、最近の結婚指輪の動向としては、男性もシルバーアクセサリーを着けなれて、指輪に慣れ親しんでいる世代ということが大きく関係していて、メンズのマリッジリングというのが、デザインも豊富に出ているということが、今までとの大きな違い。

一時だけの記念の式のうえでの結婚指輪というのではない、男性もずっと永く使う結婚指輪という視点で選ばれるということ。

男性のお仕事で、力仕事をするというジャンルにあっても、チタンなら大丈夫。ちょっとやそっとのことではびくともしない金属、それがチタン。

結婚指輪はお飾りではないのです。もはやガシガシ着けて使うという感覚で日常使いということなのでしょう。

by

ただひとつのオリジナル

Categories: 手作りの指輪

オリジナルの美しさって何でしょう?
どこにもない発想で、予定調和をうらぎって、初めて魅せられる視点で見たこともないものを前に、ひとは驚き、初めて出会う感覚を覚え、ただその状態をみて、感動します。
それは、何に役立つの?といった視点ではありません。役にたつとか使えるとか、使うとどういう良いことがあるとか、そうした打算じみた見方をいっさい捨てた純粋な感動を美しいと思える心を思い出させてくれるのが美だと思います。「害」と「利」で取捨選択してしまって見ようとしないのは悲しいことです。

独創的な作品を作る作家の作品を東京現代美術館で見ました。

チタン製の結婚指輪
バイクに乗るひとなら誰もがよく知るチタンですが、まだ宝飾の世界での歴史が短いので一般的ではないものの、知る人ぞ知るチタンの結婚指輪。バイクのカスタムというと、マフラーやネジひとつにもこだわってチタンのボルトを使ったり。新しい素材を積極的に取り入れるのが今の結婚指輪の傾向です。

そしてオリジナルにこだわるひとが選ぶ世界にひとつのリングが作れる工房(prodottocom)が渋谷に
あります。