Monthly Archives: 6月 2013

by

近頃チタンでもアレルギーが出るという嘘 実はコーティング

No comments yet

Categories: 金属アレルギー

最近はチタンでも金属アレルギーが出るらしいから。。。というのは本当でしょうか?

実際にはチタンで金属アレルギーになっているのではなく、シルバーにチタンコーティングしたり、真鍮にメッキしたりチタンと偽って販売されて、チタンと信じて着けてしまったために起こる金属アレルギーであるということです。

もしチタンで金属アレルギーになるのなら、なぜ皮膚科のパッチテストの項目に、金属アレルギーの原因物質としての「チタン」の項目がないのでしょう。プラチナも金も銀も金属アレルギーの原因金属と認定されています。チタンはまだ認定されていないので、もし調べたかったら特別にチタン試料を取り寄せなければいけません。たいがいのドクターはなさっていません。

もしチタンですと言って売られているピアスで金属アレルギーが発症したら、まずその販売店に確認すると良いですね。

最近こうした事例が増えた背景としては、純チタン製ではなく、安価な金属にチタンをコーティングして市販している量産アクセサリー業者が増えてきたということがあります。貴金属以外の安価な金属も金属アレルギーの原因として認定されています。ニッケル、亜鉛、銅その他真鍮などの合金なども金属アレルギーが起きます。

なぜコーティングで金属アレルギーになるかというと、着用で表面のチタンコーティングがはがれるなどして汗などでイオン化し、母材の安価な金属が皮膚に悪影響を及ぼすから。

純チタンだけではこうしたことは起こりません。

*チョコバナナに例えると

屋台のチョコバナナのようなもので、中身のバナナに高級チョコをコーティングして、硬くて丈夫なアクセサリーとして売られていても、使ううちにチョコがパリンと落ちてしまうわけです。なぜなら、チタンはとても硬い金属ですが、母材は柔らかい。母材とコーティングとに硬度の差が大きいと、土台が不安定で密着性が悪いわけです。そのためにバナナとチョコのくっつきを良くするためにニッケルなどのアレルゲン金属が層となって使われています。

みかけがチタンでも中身に要注意

金属アレルギー持ちの方は、純チタンのみ着けられると考えて良いと思います。他の金属にチタンコーティングというのは避けるべきです。メーカーと販売者が違うような流通の中では、母材の金属が何なのか、店員さんがわからに場合の方が多いのが現状です。

 

安心できるチタン専門店の作る国産の純チタンアクセサリーを着けて金属アレルギーでも安心してファッションを楽しみましょう。

by

チタンの変色を一瞬にもとにもどす方法

Categories: 手作りの指輪

チタンについた油膜を取り除くと、驚くほど色が蘇ります。

チタンを取り扱うチタン業者のなかにもあまり知られていないのですが、変色したと思ったものは手で触っただけでついてしまう油分の皮膜です。

油分を除去すると、変色はなおります。色が変わったように見えるので、空気中に放置してチタンが変色すると勘違いする方がおられようですが、チタンは変色しません。空気にただ触れているだけではチタンの

地金の色を変えることはできないのです。しかしながら見え方が変わるのは、油膜で屈折率が変わるためです。これはお風呂の中でチタン製の指輪を見るのと、水に濡れていない状態、空気中で指輪を見るのとでも色が変わって見えるのと同じことなのです。

クリーニングが必要なほど油分で汚れたようにはみえなくとも、油の反射をすぐに反映しやすいのがチタンの特徴です。